過去のセミナー

2020年度セミナー

  • 前期

日付発表者タイトル
4/23伊藤 純至領域気象モデルを用いた研究と今後の展開
4/30Madam Taqiyya MaulanaCENS Impact on Diurnal Cycle of Rainfall over Java Island and Surrounding Area.
5/7小原 涼太平均輸送速度を用いたラグランジュ的解析手法の開発と適用
5/14青野 憲史台風の内部コアで消費される水蒸気の起源
5/21臼井 健フェデックス80便着陸失敗事故時の事例解析
瀧口 海人Improving the Explicit Prediction of Freezing Rain in a Kilometer Scale Numerical Weather Prediction Model Agnieszka Barszcz(2018)(論文紹介)
5/28山崎 剛SI-CATから統合プログラムへ
6/4岩崎 俊樹温位座標で見る大気大循環の世界
6/11青野 憲史Wind-evaporation feedback effects in outer regions on tropical cyclone development
6/18Madam Taqiyya MaulanaStudy Case of Heavy Rainfall on February 2015 over Jakarta (Indonesia)
7/2小原 涼太2019年10月25日の千葉県大雨事例において発生したCADと降水に関する研究
7/9岩波 発彦陸面過程モデル2LMを用いた2013年4月22,23日に長野県で発生した凍霜害に関する研究
7/16臼井 健2009年3月23日の寒気流出現象における地形の効果について
瀧口 海人2016年1月の長野県における雨氷の解析
7/30岩波 発彦陸面過程モデル2LMを用いた長野県で発生した凍霜害に関する研究-観測とモデル計算の比較-
  • 後期

日付発表者タイトル
10/8小野 佳祐Genesis and Maintenance Processes of a Quasi-stationary Convective Band that Produced Record-Breaking Precipitation in Northern Kyushu, Japan, on 5 July 2017 (論文紹介)
廣瀬 大河Sensitivity of Quasi-stationary Band-Shaped Precipitation System to Topography: A case study for 28 August 2008 Okazaki Heavy Rainfall Event (論文紹介)
10/15Madam Taqiyya MaulanaDiurnal Cycle of Rainfall over Java Island and Surrounding Area Estimated by IMERG V06
10/22岩波 発彦陸面過程モデル2LMを用いた凍結や霜の再現性に関する研究-入力データの誤差による感度実験-
小原 涼太2019年10月25日のCADに伴う東日本の大雨の地形・境界層スキームに対する感度
11/9小林 優花Evaluationg Soil Moisture Predictions Based on Ensemble Kalman Filter and SiB2 Model(論文紹介)
瀧口 海人2016年 長野県における雨氷の解析
11/17青野 憲史風蒸発による台風の発達 令和元年東日本台風の事例
11/26臼井 健The Nocturnal Evolution of Atmospheric Structure in a Basin as a Large-Scale Katabatic Flow Is Lifted over Its Rim (論文紹介)
Caterene LagareSelf-Introduction and Research Plan
伊藤 純至最近の取り組み
12/3岩崎 俊樹日本領域再解析
12/10山崎 剛地球温暖化に伴う地域の気候変化について
12/17Madam Taqiyya MaulanaStudy on Diurnal Cycle of Rainfall over Java Island and Surrounding Area
12/24岩波 発彦陸面過程モデルを用いた凍霜害の推定に関する研究-気象庁全球週間アンサンブル予報システムを用いた降霜確率予報に向けて-
小原 涼太梅雨前線の降水システムに対する雨滴蒸発の寄与に関する研究
1/7小林 優花陸面過程モデルを用いたシベリアタイガ林の蒸発散に関する研究
小野 佳祐平成 23 年新潟・福島豪雨における線状降水帯の発生条件の検証
廣瀬 大河令和元年台風 19 号による東北南部の大雨事例の研究~気象庁非静力学メソモデルを用いた解析~
1/14臼井 健2009年3月23日の寒気流出における地形効果について
1/28岩波 発彦陸面過程モデルを用いた凍霜害の推定に関する研究
小原 涼太梅雨前線の降水システムに対する雨滴蒸発の寄与に関する研究
青野 憲史台風の外側における風蒸発フィードバックが発達に及ぼす影響
2/4瀧口 海人2016年長野県における雨氷の解析

2019年度セミナー

  • 前期

日付発表者タイトル
4/18IrinaThe impact of long-term historical warming on the global terrestrial gross primary production.
鈴木関東地方に発生する沿岸前線のMSM予報バイアスに関する解析
4/25MadamDiurnal Rainfall over Java Island based on GSMaP Rainfall Estimate.
曽我従来型観測のみを同化した日本域高解像度領域再解析の平成30年7月豪雨事例への適用
5/10福井従来型観測のみを用いた日本域領域再解析 ~台風再現性の評価~
青野数値モデルにおける台風の表現性
6/6山崎農林業に関わる二つの話題
小原等温位面解析を用いた平成30年7月豪雨における梅雨前線降水に関する研究
6/13岩崎寒気流出から2題 1.中高緯度対流圏直接循環の起源 2.海上寒気流出と気団変質
岩波修士での研究~凍霜害について~
6/27鈴木関東地方に発生する沿岸前線のMSM予報バイアスに関する解析(2)
7/4曽我従来型観測のみを同化した日本域高解像度領域再解析についての研究
7/18佐々井陸面モデルBEAMSv1.4による土壌分解量の評価
IrinaThe human impact on the future land carbon uptake
7/25MadamCold Surges over Indonesian Maritime Continent and Its Relation to DCR over Java Island
小原Isentropic analysis of formation and maintenance of the Extreme rainfall Event in July 2018
8/6青野台風発達と海面水蒸気フラックスの風速依存性
岩波長野県における過去の凍霜害と陸面過程モデル2LM
  • 後期

日付発表者タイトル
10/9臼井平成30年7月豪雨における水蒸気フラックスの収束と海水の蒸発について(論文紹介)
瀧口Heavy Snowfall in Kanto and on the Pacific Ocean Side of Northern Japan Associated with Western Pacific Blocking(論文紹介)
10/17IrinaWill global greening turn to global browning?
鈴木関東平野に発生する沿岸前線のMSM予報バイアスに関する解析
曽我従来型観測のみを同化した日本域高解像度領域再解析の夏季における検証
10/24伊藤後方流跡線解析を用いた関東東北豪雨の水蒸気輸送の解析
11/15MadamDouble Peak of Diurnal Cycle of Rainfall over Java Island
岩波Divergent trends in the risk of spring frost damage to trees in Europe with recent warming(論文紹介)
小原平成30年7月豪雨における前線の降水に対する雨粒の蒸発の寄与について
11/19IrinaThe impact of anthropogenic activities on the global terrestrial carbon fluxes
12/19伊藤関東東北豪雨の水蒸気解析ーーSST変更実験について
鈴木Appalachian cold air damming erosionのNWPエラーについて&2019年10月の千葉県豪雨の数値実験
12/20青野海面フラックスを中心とした台風の強度変化
曽我日本域高解像度領域再解析の夏季における再現性に関する研究
1/8臼井平成30年7月豪雨において東シナ海で発生したメソスケールの低気圧に関する研究
瀧口2014年2月の大雪をもたらした寒気に関する研究
1/9岩崎衛星による水循環観測グランドプラン
福井従来型観測のみを用いた日本域長期領域再解析~進捗と今後に向けて~
MadamDouble Peak of Diurnal Cycle of Rainfall Over North-Western Coast of Java Island and its relationship with CENS
1/23山崎地域気候変動モニタリングのための高解像度日本領域再解析(研究計画)
岩波他分野での霜予測方法の紹介
1/28IrinaThe impact of anthropogenic activities on global terrestrial carbon fluxes
RaisVariability of cold air outbreaks in East Asia and its impact on tropical precipitation
1/30伊藤平成27年9月関東・東北豪雨における東北地方への水蒸気輸送に関する研究
鈴木関東平野に発生する沿岸前線にみられる系統的な数値予報誤差の解析
曽我日本域高解像度領域再解析の夏季における再現性に関する研究
2/7佐々井現在関わっている研究プロジェクトの紹介
小原平成30年7月豪雨の解析(1.降水の蒸発と乾燥域の関係/2.水蒸気輸送)